紀州鉱山の真実を明らかにする会

トップ ご案内 出版物 会報 報道 ブログ 会則 メールは……kinomoto@kisyukouzansin.さくra.ne.jp「さく」を「saku」に変えてください。


 
 海南島近現代史研究会第14回総会・第26回定例研究会延期のお知らせ

 2020年夏に新型冠状病毒肺炎の感染者が急増してきたので、秋(2020年9月5日)に開催を予定していた 海南島近現代史研究会第14回総会・第26回定例研究会を2021年2月13日に延期しましたが、2021年にはいってから、新型冠状病毒肺炎の流行がいちだんと強まってきたので、8月21日に再延期しました。
 2021年7月下旬に強行開始された「東京オリンピック」の悪影響もあって、新型冠状病毒肺炎の伝染がさらに拡大しため、8月21日に予定していた海南島近現代史研究会第14回総会・第26回定例研究会を2022年2月19日(土曜日)に再々延期しました。
 2022年はじめから新型冠状病毒肺炎の伝染が急速に拡大してきたので、残念ですが、海南島近現代史研究会第14回総会・第26回定例研究会を半年後の2022年8月21日に延期せざるを得なくなりました。
2020年9月5日に開催しようとしていた海南島近現代史研究会第14回総会・第26回定例研究会とほぼ同じ内容で2022年8月21日に開催します。
会場は、JR天満駅近くの国労大阪会館1階ホールです。
みなさんの参加をお待ちします。


■海南島近現代史研究会第14回総会・第26回定例研究会のお知らせ■

主題:民衆の歴史研究・歴史認識・事実の伝達

 19世紀中期以後、日本は、アイヌモシリ、奄美、琉球、台湾、カラフト島南半部、朝鮮、中国東北部・モンゴル東南部、「南洋群島」、海南島を領土化し、アジア太平洋の各地で侵略戦争を続けました。
 日本政府は、その国家犯罪の歴史を明らかにしようとせず、侵略犯罪を謝罪しようとせず、責任者を処罰しようとせず、犯罪の重大さに相当する賠償をしようとしていません。
 日本陸海軍が海南島に奇襲上陸してから68年後の2007年2月10日に発行した『日本の海南島侵略と抗日反日闘争』で、紀州鉱山の真実を明らかにする会は、「海南島での国民国家日本の侵略犯罪を明らかにすることは、全世界的規模の侵略の構造を破壊する民衆運動の一環である」と述べました。
 2007年8月5日に結成された海南島近現代史研究会は、会則で、その目的を、「海南島における日本の侵略犯罪の実態を具体的・総合的に把握し、それが海南島の政治的・経済的・文化的・社会的な構造をどのように破壊したのかを究明します」、「海南島における日本の侵略犯罪の実態を可能なかぎり総体的に把握し、その歴史的責任を追及します」、「本会は、海南島における抗日反日闘争の歴史を究明します」と鮮明に示しました。
 その13年後に開催する今回の総会・研究会では、“歴史認識と社会変革”を主題とした前回の海南島近現代史研究会第25回定例研究会につづいて、事実を明らかにし、事実を伝達する方法について話しあいたいと思います。

と き:2022年8月21日(日曜日)13時00分〜17時(開場12時30分)
ところ:国労大阪会館 1階ホール  
JR天満駅改札口を出て右へ(桜ノ宮駅方向へ)200メートル           
参加費:500円(会員は無料です)

主題:民衆の歴史研究・歴史認識・事実の伝達
■主題報告 海南島民衆の証言をどのように記録・伝達するか    佐藤正人
■主題報告 海南島と朝鮮と中国東北部と日本で証言を聞いて    金靜美
■主題報告 中国東北部に残る万人坑の問いかけるもの       小林節子
■討論 海南島近現代史・日本近現代史・世界近現代史 2
 日本は、1869年にアイヌモシリを、1872年に琉球王国を領土化(植民地化)しました。国民国家日本の歴史は他地域他国侵略・植民地支配の歴史でした。日本の国家犯罪の歴史を認識する民衆の方法について討論したいと思います。
■2020年秋の海南島近現代史研究会の21回目(紀州鉱山の真実を明らかにする会としては34回目)の海南島「現地調査」について
 

 

「三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・「相度)の追悼碑と
紀州鉱山の真実を明らかにする会の『会報』の読者のみなさんへ

 

☆☆☆以下の集会は終わっています。☆☆☆

■2021年11月14日(日)、
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する14回目のつどいを行いました。
ご協力、ご参加をどうもありがとうございました。

■2020年11月22日(日)、
李基允さんと「相度さんを追悼する27回目のつどいを行いました。
三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允と「相度)の追悼碑を建立する会


■2019年11月9日(土)、
李基允さんと「相度さんを追悼する26回目のつどいを行いました。

■2019年11月10日(日)、
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する12回目のつどいを行いました。

■2018年11月17日(土)、
李基允さんと「相度さんを追悼する25回目のつどいを行いました。

■2018年11月18日(日)、
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する11回目のつどいを行いました。

…………………………

2016年11月26日付で、熊野市に対する抗議・要請を提出しました。
「木本の会」の熊野市に対する抗議・要請文

2016年11月27日付で、熊野市に対する抗議・要請を提出しました。
紀州鉱山の真実を明らかにする会の熊野市に対する抗議・要請文
ともに、2017年1月25日発信です。

…………………………

■2016年11月26日(土)、
李基允さんと「相度さんを追悼する23回目のつどいを行いました。
多くの方のご参加、ご協力をありがとうございました。
当日の様子はブログをご覧ください。
李基允さんと「相度さんを追悼する23回目の集会

■2016年11月27日(日)、
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する9回目のつどいを行いました。
多くの方のご参加、ご協力をありがとうございました。
当日の様子はブログをご覧ください。
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する9回目の集会

…………………………

2016年3月7日付で、最高裁判所に「上告理由書」を提出しました。
「上告理由書」
ブログをご覧ください。

…………………………

2015年12月22日付で、名古屋高裁民事部に「裁判官忌避申立書」を提出しました。
「裁判官忌避申立書」
ブログをご覧ください。


…………………………

2015年11月7日付で、熊野市に対する抗議・要請を提出しました。
「木本の会」の熊野市に対する抗議・要請文

2015年11月8日付で、熊野市に対する抗議・要請を提出しました。
紀州鉱山の真実を明らかにする会の熊野市に対する抗議・要請文



…………………………

▼以下の集会は終わりました。▼
多くの方々のご参加、ご協力、どうもありがとうございました。

【李基允氏と「相度氏の22回目の追悼集会のご案内】

  
追悼集会ご案内(表)
追悼集会ご案内(裏)






…………………………

2015年10月7日、
『会報61号 紀州鉱山の真実を明らかにする会:会報16号』を発行しました。
目次は以下をご覧ください。
会報総目次の一番下が最新号です。

…………………………

2015年6月8日、最高裁判所に特別抗告状をだしました(6月4日に投函)。
特別抗告状はこちらを見てください。

…………………………

2015年5月11日、名古屋高等裁判所民事部で、控訴審の裁判(口頭弁論)が開始しました。
「裁判官忌避申立理由書」を名古屋高裁民事部に出しました。
ブログの報告はこちらを見てください。
「裁判官忌避申立理由書」はこちらを見てください。

…………………………

2015年5月8日、名古屋高等裁判所民事3部に抗議文をだしました(5月7日に投函)。
抗議文はこちらを見てください。

…………………………

2015年2月24日、名古屋高裁に控訴理由書を出しました。
 控訴にいたる過程については、
ブログの2014年12月17日の「熊野市を被告とする訴訟の経過」
12月18日の「津地裁の審理不十分なままの「弁論終結」・「判決」に抗議する」
2015年1月5日の「きょう、控訴しました」 などをみてください。

2015年2月24日の控訴理由書全文はこちらから。

…………………………

2014年11月22日(土)、第21回 三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允氏、「相度氏)の追悼集会を行いました。
2014年11月23日(日)、第7回 紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する集会を行いました。
たくさんのご参加、ご協力をありがとうございました。
以下の集会は終わっています。
集会の内容はこちら

  
追悼集会ご案内(表)
追悼集会ご案内(裏)




2014年10月25日、
『会報60号 紀州鉱山の真実を明らかにする会:会報15号』を発行しました。
目次は以下をご覧ください。
会報総目次の一番下が最新号です。




・2014年5月22日に、熊野市を被告とする第2次訴訟の3回目の裁判(口頭弁論)のときに、実質審理をほとんどおこなわずに判決をだそうとした津地裁の担当裁判長を、紀州鉱山の真実を明らかにする会は忌避しました。

・5月26日に、紀州鉱山の真実を明らかにする会は、津地裁に 「坪井宣幸裁判長忌避申立理由書」をだしました。

・その翌日5月27日に、津地裁民事部の井口礼華裁判長、佐田崇雄裁判官、中井沙代裁判官は、忌避申立てを却下するという「決定」をだしました。

・6月20日に、紀州鉱山の真実を明らかにする会は、名古屋高等裁判所に、坪井宣幸裁判長忌避申立却下決定に対する即時抗告理由書をだしました。
 この紀州鉱山の真実を明らかにする会の名古屋地裁への即時抗告を、7月9日付で名古屋高裁民事第1部の木下秀樹裁判長、達野ゆき裁判官、舟橋伸行裁判官は、棄却しました。その理由は、日本国家の犯罪にかかわる訴訟における社会的・歴史的な本質問題を回避した粗雑なものでした。

・7月31日に、紀州鉱山の真実を明らかにする会は、最高裁判所に、名古屋高等裁判所の3裁判官による坪井宣幸裁判長忌避申立却下決定に対する即時抗告棄却を糾弾する「特別抗告理由書」をだしました。

★これまでの経過



2014年5月22日(木)、熊野市を被告とする第2次訴訟の第3回目の裁判(口頭弁論)が開かれました。

★当日の報告はこちらをご覧ください。
★これまでの経過



2013年11月9日(土)、10日(日)、
第20回三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者李基允さんと「相度さんを追悼する集会と
第6回紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する集会を行ないました。

ご参加、ご協力、どうもありがとうございました。
集会の内容はこちら

  
追悼集会ご案内(表)
追悼集会ご案内(裏)


2013年7月4日に、津地裁で、熊野市を被告とするあらたな訴訟の最初の裁判(口頭弁論)が開かれました。
当日の報告はこちら。
ブログはこちら(7月4日)
ブログはこちら(7月5日)



2012年12月1日(土)、2日(日)、 第19回三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者李基允さんと「相度さんを追悼する集会と
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する集会を行ないました。

たくさんのご参加、ご協力いただき、どうもありがとうございました。

2012年7月8日に、
朝鮮人追悼碑の土地の課税に抗議する
-わたしたちは、なぜ、鉱山朝鮮人「追悼の場」の税金を払わないのか-
を開催しました。
ご参加、ご協力どうもありがとうございました。


2012年6月7日、対熊野市控訴審の判決(2012年6月7日)に抗議して、出廷・傍聴をしないという声明を出しました。

裁判
2012年4月10日(火)、熊野市を被告とした第1回控訴審が名古屋高裁でありました。審理をつくさず弁論を集結しようとした裁判官に忌避申立をしました。
ブログ(4月10日)

4月18日(水)、三重県を被告とした第1回控訴審が名古屋高裁でありました。審理をつくさず弁論を集結しようとした裁判官に忌避申立をしました。
ブログ(4月18日)




2011年11月26日(土)、27日(日)、 第18回三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者李基允さんと「相度さんを追悼する集会と
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する集会を行ないました。

ご参加、ご協力、ありがとうございました。

★2011年10月25日、三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・「相度)の追悼碑を建立する会の『会報』第56号と紀州鉱山の真実を明らかにする会の『会報』第11号の合併号を発行しました。



2011年9月29日(金)、津地裁で、第2回の裁判が開かれましたが、突然終結しました。
詳細はブログをご覧ください。
ブログの左のメニューにあるカテゴリー「紀州鉱山」の9月29日からご覧ください。

ブログの「課税に抗議する第1回裁判」には第1回裁判についての詳細があります。

3月18日、熊野市、三重県に対する訴状を提出しました。
訴状はこちらをご覧ください。
熊野市に対する訴状
三重県に対する訴状
報道はこちらをご覧ください。

2011年7月10日(日)に、
『紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する碑 除幕集会 報告と記録』を発行しました。
たくさんの方にご協力いただき、どうもありがとうございました。
詳細はこちらです。

★2011年10月25日、三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・「相度)の追悼碑を建立する会の『会報』第56号と紀州鉱山の真実を明らかにする会の『会報』第11号の合併号を発行しました。



★2011年7月10日(日)に
『紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する碑 除幕集会 報告と記録』を発行しました。
たくさんの方にご協力いただき、どうもありがとうございました。



★2011年7月10日(日)に
被告は熊野市、三重県
紀州鉱山の朝鮮人「追悼の場」への課税に抗議するつどいを行いました。


☆8月4日(木)、津地裁で裁判が始まりました。



★2011年3月13日(日)の
被告は熊野市、三重県
紀州鉱山の朝鮮人「追悼の場」への課税に抗議するつどいは延期いたしました。


☆3月18日(金)、津地裁に訴状を提出しました。



★2010年12月4日(土)5日(日)に
三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者  李基允さんと「相度さんを追悼する集会と
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する集会を行ないました。
ご参加ご協力どうもありがとうございました。

★2010年7月30日(金)、7月31日(土)、8月1日(日)に
大阪人権博物館リバティおおさかで、ドキュメンタリー上映会を開きました。
ご参加どうもありがとうございました。

★2010年8月21日(土)
「韓国併合」から100年 遺族の証言を聞くつどい を開きました。
ご参加どうもありがとうございました。

★2010年3月28日、
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する碑
除幕集会を行いました。
たくさんの方々のご協力、ご参加どうもありがとうございました。

★紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する碑の碑文です。

★2009年11月21日、22日、
三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者 李基允さんと「相度さんを追悼する集会と
紀州鉱山「現地調査」・追悼碑建立のための準備を行いました。

★2009年9月6日、
紀州鉱山で亡くなった朝鮮人の追悼碑を建立する会 第2回集会が開催されました


☆☆詳細メニュー☆☆

紀州鉱山の真実を明らかにする会